本文へ

美味しさの秘密

ほそかわ農場のお米はなぜおいしくて笑顔になってしまうのか
その秘密を少しだけ紹介

籾貯蔵

ほそかわ農場のお米は籾貯蔵

籾貯蔵のほうが品質保持効果が高いと言われています。籾貯蔵では籾殻が玄米を物理的生物的に保護し、玄米の生理活性をおさえ休眠を促し品質低下を抑制するためです。日本では玄米貯蔵で玄米流通が一般的ですが、籾貯蔵を行う施設も増えていると言われています。

真空パックにするメリット

ほそかわ農場のお米は真空パック

「常に新鮮でおいしいお米を食べたい!」その思いを形にしたのが、真空パックで包装されたお米です。真空パックにすることで得られるメリットには、以下のものがあります。

酸化を抑えられる

生鮮食品である精米したお米は、野菜や肉、魚のように枯れたり腐ったりしませんが、空気に含まれる酸素によって酸化劣化を起こし、味や風味を損なってしまいます。
お米の表面には、たんぱく質を含む細胞の層「糊粉層」があり、酸素に触れてしまうと糊粉層が壊れてお米のうま味成分が逃げてしまい、さらにお米の粘り気も無くなってしまいます。そのため、真空パックにすることで空気に触れることが少なくなり、酸化するのを抑えることができます。

保存期限が延びる

精米する前の段階「玄米」の状態では、お米は呼吸をしているのをご存知でしたでしょうか?15度を超える気温、含有する水分が15%を超えますと呼吸活動が活発になり、お米の栄養素デンプンを分解・消耗していきます。そうなると味がぼやけてツヤが無くなり、ネバネバしたおいしくないお米になってしまいます。
それを避けるためにはお米の保存方法が鍵となります。お米は真空パック・未開封の状態のものを20℃以下の涼しい場所で保管することで、保存期限を延ばすことができます。その他の条件によっては、賞味期限を約1年という長期間にすることも可能です。
保存期限も延びるため、災害時の保存食として用意しておくこともできます。さらに真空パックした玄米なら、食べる分を精米することでお米本来の味を強く感じることができます。
このように真空パックによって保存期限を延ばすことができますが、長期保存をすると水分不足によってお米が乾燥してパサついてしまいます。そのため、長期保存をしたお米を炊く際には、気持ち分多めに水を入れてください。

虫や菌の発生を防ぐ

玄米と白米を真空パックにすると、虫の侵入と菌の発生を防ぐメリットもあります。例えば、お米の栄養分を好む代表的な虫に、ノシメマダラメイガとコクゾウムシがいます。
これらはお米の内部に住みつく虫ですが、酸素がない状態では呼吸していくことが困難になり生きていくことができません。真空パックだと虫や菌が生きにくい環境を作ることができるため、活動するのを抑えることができます。しかし、真空状態でも高温多湿の場所に保管すると虫が活動を始める場合があります。どうしても気になる方は湿度や気温に注意して保管しましょう。

※お米を真空パックにすることで上記のようなメリットが得られますが、お米がおいしく食べられる期間は精米してから3ヶ月程度ですので、なるべく早めに召し上がることをおすすめします。

「三古」とは

ほそかわ農場は新潟県長岡市にある古い地名で「三古」という地域にあります。
信濃川左岸に広がる広大な県下有数の農業地帯にあり、稲作の他、「長岡巾着なす」「枝豆(一寸法師)」など長岡でしか取れない、長岡野菜の生産も盛んです。

「三古」とは、三島郡の「三」と古志郡の「古」をあわせたものです。
本地区は、昭和20年代までは信濃川の氾濫被害や用水不足により営農は非常に困難な地域でした。
昭和21年度から昭和39年度にかけて、「国営信濃川左岸土地改良工事事業」が実施されて以来、 現在も尚、開水路工事が実施されつづけ、県内でも先進的な農業地域となっています。


お米のご注文とお問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話、FAXでのご注文はこちら

  • 0258-92-6496
    電話受付時間 8:00~17:00
  • 0258-76-1024

注文用紙ダウンロード